サンゴの産卵本日の海況

メルヘンにゴリゴリ挟んでサンセット&サンゴナイト

はいさいー!
ウエイトを運ぶ時、一体何キロまでひとまとめにするかについて。
ある子が25キロにまとめてて、「いくら何でもこれじゃ重すぎる!」って話になって。
割と普通に「僕だったら5キロくらいですかねー」って答えたら
「いやいやそれはそれで軽すぎるだろ!」って。
「なんならそれ一人分じゃん」「まとめられてないじゃん」って。
だいたい10〜15キロが基本らしい。


squirri007_divingさんの4日目。
今日はマンツーマンで真栄田岬ビーチです。
せっかくなのでメルヘン調に挑戦する!とのこと。
いつものオキナワベニハゼを回ってきました。
緑に包まれて。

時折、ゴリっとしたものを挟みつつ。

泡メルにも挑戦!
この泡メルを初めて撮影するゲストは全員、初めてモニターに映ったキラキラな写真を見て「キャー」ってなると言うのが常だったんですが
squirri007_divingさん、こっち見てまさかのしかめっ面。
「え、なにこれ、これでいいの?」って顔www
思わず笑ったわー。

絞ったゴリゴリなシチュエーションだとテンション上がるのが見て取れるw

ボカしたら何が何だか分からなくなることって多いよなーてガイドしながら感心してました。
なので絞った方が良さそうな被写体を探して、シチュエーションを見つけて、
squirri07_divingさんがどう撮るのか毎回楽しみにしてました。

フライトの関係でこの日がサンセットできるラストチャンス。
スミレヤッコの産卵の黒抜きを撮る!と意気込んで3度目の挑戦です。

もうサンゴの産卵は終わってるだろうなーって思っていたのに
ハナガタサンゴの産卵が観察できました!
ここ数日見てきた種とは方法が全く違って、ブシャッ!といっぺんに放出。
なんか、なんか…なんかwでした。

6/21 Fri 真栄田岬
天気:くもり
風向き:南西
最高気温:29.0℃
最低気温:26.7℃
服装:半袖
透明度:20m
水温:26℃
スーツ:5mmツーピース・ロクハン

沖縄・恩納村の水中撮影専門ダイビングサービス
ゴリラハウス