本日の海況

着底したばかりで体が透明なレモンスズメダイとクロスズメダイの幼魚

はいさいー!
マメチ・プロダクションのさとう俊さんにお会いしました。
なんてかわいいゴリラなんだーーー!
フィン履いてるしタンク背負ってるーーー
世界でひとつだけのゴリラハウスボトル!
さとうさんの「びんづめの○○館」ボトル・フィギュアシリーズは
美ら海水族館や上野動物園など、全国の著名なレジャー施設で
お買い求めできます。

 

 

 

 

 

 

 

スズメダイ科幼魚の入荷が止まらない!
とにかく止まらない!
今日もばかすか見つかったよー。
特に驚いたのが
着底したばかりで体が透明な幼魚たち。
クロスズメダイの幼魚は最近見た中で一番小さかった。
それと一緒に泳いでいたのは、たぶんレモンスズメダイの幼魚。
これより少しだけ大きくてはっきり色づいた個体は単体での生活をしているから
もしかして違うのかもしれないけど、、
このステージはこうなのかもしれない。
頭のほう若干青いし、下半身の黄色い斑点が少しずつ広がって。。。。
だからレモンスズメダイ、、、だと思う、、、きっと、、?
2~3mmだよ、わかるかそんなもん!
明日また見てくる!

 

 

真栄田岬にはヤシャハゼとヒレナガネジリンボウはあまたいるけど、
ホタテツノハゼは3個体?
引っ込んでて見られないことがあるから、
ちゃんと撮るのは初めてかも。

 

 

いつもチェックするクマノミの夫婦No.3のとこが生みたての卵守っていました。
ハッチアウト狙うぞー!

 

 

いい加減、ハゼいこ!
50mmだと寄りすぎないと撮れないから敬遠していたけど、
全く動じない個体がいました。
オキナワベニハゼ。

 

 

こちらのシマイソハゼも、
素敵なところにいる上に知らぬ存ぜぬで全く動かない。
実をいうと、ハゼ類スルーしすぎてて
今までこれをオキナワベニハゼのめっちゃ色濃いやつって思ってました。
沖縄来たばかりの頃に、あいる・ぷまんどぅの桑畑さんに
「すんごく赤いオキナワベニハゼ、あれは個体差ですか?」とか聞いて
ポカンってされたのがようやく納得いきました。
別種かい!

 

 

 

5/27 Sun 真栄田岬
天気:晴れ
風向き:南西
最高気温:29.0℃
最低気温:26.0℃
服装:半袖
透明度:30m
水温:24~26℃
スーツ:ウエットスーツ

 



5月1日~6月30日まで
溝の口にある琉球酒房菜酒家FUKUにて
写真展「あ、ボク今沖縄です。」を開催中。
おいしい沖縄料理とゴリラハウスの写真で素敵なひとときを!
みなさん見に来てねー。

インスタグラム、ツイッター、
フェイスブック連動のキャンペーン
「#ボク沖を応援しよう」実施中。
詳しくはこちら↓↓↓

着底したばかりで体が透明なレモンスズメダイとクロスズメダイの幼魚” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。