TODAY’s BLOG

アオミノウミウシ 2021/09/13

投稿日: カテゴリー: HOTけNIGHT

はいさい!

ブログの導入部分を書くために携帯のメモに「ブログねた」っていうの作ってあるんです。

車ぶつけた、とか、頭ハゲてきた、とか、ぼーっとガソリン入れてたら溢れた、とかほんとどうでもいいことばかり箇条書きで。

ただ、その中に「天井にペットボトル」って意味不明な一文が書いてあって一人ジワる。

MORE

NEWS

新しいロゴができました!

はいさい! 新しいロゴができました! プロに作ってもらった!

与那国浮遊系ツアー第2弾開催決定!7/7-15

じゃじゃーーーん! 3月に開催して、大反響だった与那国島浮遊系ツアー。 もう一回やって!とのリクエストにお応え […]

5/14-17 ライトトラップイベント開催します!!

はいさい!! 2021年は何かにつけてお祭り騒ぎしたいお年ゴリ!

ALL

コンセプト

全ダイブがフォトセミナー

ゴリラハウスのファンダイビングは全てがフォトセミナー形式。初心者ダイバーからベテランのフォト派ダイバーまで、写真を上手に撮りたい方全ての方のご要望にお応えいたします。水中では各シチュエーションに合わせた的確なアドバイス。水面休息時間を利用して撮り終えた写真を確認しながら改善点をレクチャー。潜り終わった後はログ付け形式で当日撮影した全ての写真を見ながらのフォト講座を開催。編集ソフトを使った現像のコツも伝授しております。水中写真について分からないことは全てゴリラハウスで解決!

撮りたいが叶う

インスタで見たあの人のような写真が撮りたいを叶えます。何度挑戦しても思い描くような写真が撮れないを解決します。浮遊系ダイビングで被写体を綺麗に撮影するノウハウを持っています。ワイド撮影に必要なコツもライティング術を伝授します。水中撮影にお悩みをお持ちの方は、そもそも撮りたい写真が撮れる器材をお持ちでない場合も多く見られます。そのような場合は、ゴリラハウス所有のカメラやアクセサリー類のレンタルも行なっております。

潜りたいに適う

せっかくダイビングしに来たんだから朝から晩まで潜りたい!出張で沖縄に来たけど、仕事の合間を縫ってダイビングをしたい。ゴリラハウスではこれらのご要望に全力でお応えいたします。ダイビングは、周りのダイバーが帰ってしまう夕方以降がほんとは面白い!生態行動を観察できるサンセットダイビングも、珍しい甲殻類や夜に体色を変化させる魚が見られるナイトダイビングも、まだ誰も見たことがない生物に出会えるかもしれないライトトラップもリクエストベースで随時開催可能。

初めての水中写真に挑戦

水中写真をこれから始めてみたい、あるいは始めたばかりのダイバーを対象に、水中写真に必要なスキルの練習と撮影方法のレクチャーを行います。お持ちのカメラを問わず、ちょっとしたコツさ押さえれば、誰でも簡単に水中写真を始めることができます。素敵な写真を撮るために必要なこと、それはまずはダイビングを楽しむことです。ゴリラハウスなら、水中生物の生態を観察しながら撮影スキルを習得し、フォト派ダイバーへの1歩を踏み出すことができます。

ストロボの使い方を学びたい

水中写真を楽しむ上で必ず感じる「ストロボの使い方が分からない」という疑問にお答えします。ご自身の写真が”なんだか納得いかない”、そのほとんどは光の扱い方を間違っていることが原因です。”水中写真をもっと上手に撮りたい”といったフォト派ダイバー向けに、問題点の改善と専門的な水中撮影のノウハウを伝授いたします。ゴリラハウスなら、朝から晩まで、ガイドと一緒に素敵な水中写真を撮ることだけを考えてダイビングすることができます。

洗練された水中写真を撮りたい

ゴリラハウスには、独創的で洗練された水中写真を撮影するためのノウハウがあります。頭の中に確固たる作品のイメージをお持ちの方向けに、入念なブリーフィングにて具体的な撮影方法を練っていくサービスを行っています。ライティングアシストや専門機材を利用した撮影には、今までに味わったことのない没入感があります。スタジオで撮影をしているかのような感覚で水中撮影をお楽しみください。

MENU

ABOUT

ゴリラハウスは沖縄の恩納村を拠点にしたダイビングサービス。「撮りたいが叶う、潜りたいに適う」がモットー。ステキな水中写真を撮りたいと思う全てのダイバーのために開いたお店です。経験本数の多寡やカメラの機種は問いません。初めての水中撮影からフォトコン用の作品作りに至るまで、水中撮影を全力でサポートいたします。ダイバーは全員がアーティスト。胸の奥から沸き起こるイマジネーションを具現化するためにいらしてください。今までのダイビングとは一味違うクリエイティブな楽しみを味わっていただきます。

STAFF

ゴリラハウス代表

石野昇太ISHINO SHOTA

口癖は「仕事が遊びで遊びが仕事」
好きな言葉は「プロダイバーが一番のファンダイバー」

インストラクター/潜水士/写真家

1988年6月沖縄生まれ東京育ち
学生時代にサークルでダイビングに出会うものの
当初は大学生活を楽しむだけでダイビングに対する熱意は持っていなかった。
ところが大学2年生の時に潜った与那国島で、
深く果てない海底に光が沈み消えていく光景を見て偉大な海に畏怖を感じる。
その後、大学3年生の夏にフィッシュウォッチングの草分け、
八丈島のレグルスダイビングにて丁稚奉公。
次第にカラフルで多種多様なウミウシの姿を写真に収める楽しさに目覚める。
大学卒業後に八丈島へ移住し師匠・加藤昌一氏の元へ。
ダイビングガイドとしてのノウハウを仕込まれる中、
手探りで始めたライトトラップで浮遊生物の繊細な造形美に魅了される。
その美しさを表現するためのライティングに拘るうちに
前時代的な水中撮影技法に疑問を抱き、
水中写真の世界に革命を起こすべく一念発起。
5年間の修行期間を経て2018年、
沖縄本島恩納村に舞台を移しゴリラハウスの独立開業へ。