本日の海況遠征ツアー

奄美大島ホエールスイムツアー

はいさい!

最近、お腹周りがプクプク厚くなってきた。

30代の新陳代謝、なめたらあかんな。


昨年、粟国や御蔵島に連れて行ってもらったダイブジャーニーさんのツアーに今年も参加させていただいてます。

今回はホエールスイムをしに初めての奄美大島へ。

アクアダイブ・コホロさんの船に乗ってクジラを見てきました\(^o^)/

水中写真家の上出俊作さんも同行されていて、経験豊富な皆さんの話をたくさん聞かせてもらいました。

ツアー初日。移動日です、

那覇から奄美大島へ飛行機で向かいました。

羽田空港からの直行便でいらっしゃるゲストと合流して、明日からの期待に胸膨らませます。

ところが、スイム初日は強風の生で島から近い範囲でしかクジラを探すことができませんでした。

ツアー全体を振り返ると、僕がいた5日間のうち海況不良で欠航したのが1日。

他の日も結構風が強くてね、クジラ見つけるのに苦戦しました。

でも、だからこそ

山の上からクジラの姿を探してくれたボランティアさんや

船に乗って探してくれたヘルプさんたち、

ホエールスイムを開催するにあたり地元の人の手助けに支えられているんだということを知りました。

これが一番驚きです。

これを知ると、ただでさえ貴重なブローの一つ一つがなおさら大切に思えてくる。

初めて船上からブローを見たときは、「クジラやばい!でかい生き物やばい!」ってなって、

八丈島で水中クジラに遭遇したとき以来の感動が蘇ってくる。

沖縄に帰ってきた今でもずっとクジラに心奪われたままです。

今まで、なんとなくクジラは遠い世界の生き物って感じで見ていたけど、すっかりハマったな。

来年までにしっかり準備してクジラツアーが出来るようにしたいと決意してます。

なんどもなんどもクジラにアプローチ出来る機会がありました。

くっきりとした写真を撮るには距離があって難しかったけど、それも含めてホエールスイム楽しかったです。

聞けば1月は親子クジラに会う機会が多かったとか。

昨年は2月が当たりだったとか。

「絶対」がないから魅力があるし、当たった時の感動が大きく膨れ上がるってもんです。

ところで、奄美大島が最近放送されているドラマの舞台になってるんですけど知ってます?

話のタネに連れていってもらいました。

ここの石を持ち帰ると呪われるらしいよ。

初めて来たのに、どこか懐かしい風景。

パラオのように美しいところだなーと、クジラだけでなく島自体に心を奪われてしまった。

マクロも面白そうなので、奄美大島マクロツアー計画します!

興味のある方、お問い合わせください。