本日の海況

ハゼにスズメにコバンハゼ

はいさいー!
昨晩の、起きて13分でエントリーの”興奮”から未だ冷めず。
大遅刻の相手がODCのてつ!さんだったってこともあるけど、
めちゃくちゃ集中してガイドした。
知恵熱?アドレナリン?パニック?
ただただ慌ただしい1時間だったけど、その分熱中して楽しかった!
今夜は写真撮りに行くぞーーーー!


酔いどれサチさん2日目。
ストロボの当て方についてたくさん話したけど、久しぶりの再会に八丈の話とかもいっぱいあって楽しかったなあ。
海は風向きがよく真栄田へ。
旬ネタを網羅していただきました。
まずは、最強コンビ・シライトゴカイとオキナワベニハゼ。
コンデジならアングルに角度つけてもシライトゴカイガボケないから逆にいい。

平面だと返ってごちゃごちゃしすぎちゃうか。

“No1可愛い被写体”のチラ見シマイソハゼsp
貝卵の隙間から外の様子を伺う様が、もうどうにもたまらない。

マッキーさんと見つけた緑のオキナワベニハゼ。
緑の色が鮮やかすぎて、”No1可愛い被写体”の地位を奪いにきてます。

また、新たに面白そい所にいるハゼを見っけ!
白ガヤとホシクズベニハゼ。

ここのアマミ、重宝できるかなって期待してたのに、翌日にはいなくなってました。

浅場にてカンザシとレモン。
安全停止に重宝します。
ただ、周りでロクセンスズメダイが繁殖しててガヤガヤ。
レモンは逃げるし、カンザシは引っ込んじゃう。

サンゴの隙間にアカテンコバンハゼ。
この手の被写体はストロボの光入れ込むのが本当に大変。
逃げ惑うハゼを追いかけるのも難儀だし。
でも可愛いからイケズー。

抱卵中のパンンダダルマハゼ。
ピンクのサンゴがGOOD!
これこそ、光入れるのが難しい所にいます。
でも、本当、可愛いんです。
苦労するの分かっていてもとりあえず紹介してます。

5/26 Sun 真栄田岬
天気:晴れ
風向き:南東
最高気温:27.6℃
最低気温:23.4℃
服装:半袖
透明度:30m
水温:26℃
スーツ:5mmツーピース・ロクハン

沖縄・恩納村の水中撮影専門ダイビングサービス
ゴリラハウス