ゴリラハウス本格的に再始動 | 沖縄 万座 ビーチダイビング

頭テンテンとムラサキハナヅタ

はいさい!

一か月以上ぶりのガイド!

あぶなく、何のために生きてるのかわからなくなりそうだった。

このまま一生遊んで暮らせるんじゃないかと、そう思ったわw

なんなら1年ぶりにガイドしたブログ書くわw

ゴリラハウス本格的に再始動です。


本日は、到着のゲストさまと午後から万座へ。

もう3月なのでちらほらとアマミスズメダイの幼魚が出てきてます。

ただ、あんまり人が潜ってないので警戒心強め。

生まれて初めての巨大生物人類に遭遇しんたんだから、そりゃ慌てふためくわ。

安定のムラサキハナヅタは、オニカサゴの若魚や

オニカサゴとムラサキハナヅタ

オランウータンクラブ、

オランウータンクラブ

シンデレラウミウシと絡んでました。

シンデレラウミウシとムラサキハナヅタ

そして、なんとヤギモドキウミドラspとも絡んでて、これは燃えるシチュエーション。

ヤギモドキウミヒドラとムラサキハナヅタ

このムラサキハナヅタ、いっつも棚上にあれば安全停止中にも写真撮れるのになーって思ってたんだけど、まさか、4年目にしてついに見つかりました。しかも”頭テンテン”ちゃんが乗ってた!

頭テンテンとムラサキハナヅタ

今年のホーシューはハナビラユキバナがやけに目に付くなー。

いつもと生えモノの様子が違うのは、人が入ってないから?と安直な想像するのも嫌だけど・・・

これも人が入ってないからか、アマミスズメダイの警戒心ばりツヨ

アマミスズメダイ

ハマクマノミの若魚がいいタマイタダキに。

ハマクマノミの若魚

もふもふのモップとガラスハゼ

ガラスハゼ

全然仰いでないアオギハゼ。

アオギハゼ

相変わらず、ホシクズベニハゼもオキナワベニハゼもシマイソハゼspも警戒心強めのホーシューでした。

ホシクズベニハゼ

浅場のカンザシヤドカリは映え。

カンザシヤドカリ

なぜか逃げ場のない藻にチゴミドリガイがくっついてた。

周りはサンゴだから、飛ぶしかないw

チゴミドリガイ

明日は北風なので北部遠征でーす。ゴリティンしてきまーす。

3/4 Thu ホーシュー
天気:晴れ
風向き:南東
潮回り:中潮
最高気温:22.5℃
最低気温:16.6℃
服装:半袖
透明度:20m
水温:22℃
スーツ:ロクハン・ドライ